【飲食店】常連客、リピーターを増やす【テクニック】

1.飲食店

こんにちわ、ニコニコ侍です。
飲食店にとって、常連客、リピーターの存在は非常に大切です。

はっきり言ってしまえば

ニコニコ侍
ニコニコ侍

常連客、リピーターが居ない飲食店は存続できません。
逆に、常連客、リピーターだけでも飲食店は存続できるのです。

おもしろいデータがあります

優良顧客は、(新規顧客に比べて) 214%以上もお金を使い、 新たな紹介客も連れてきてくれる!

一生お客に困らない常連システムの作り方より

確かに常連客は、頻繁にお店に来てくれますし、知り合いや、職場のひとたちなどを連れて来てくれます。

飲食店にとって、お客様の中でも宝物である【常連客、リピート客】をどうやって増やしていくのか?というのをまとめていきたいと思います。

㋹この記事を読んでわかること

・お客様はなぜリピートしてくれないのか?
・お客様をリピートさせる方法
・いちげん客をリピートさせ、常連客に育てある戦略的アイデア

お客様はなぜリピート(再来店)してくれないのか?

困ったシェフ
困ったシェフ

料理は美味しいとよく褒められるし、値段も高くないのになぜ?お客様はリピートしてくれないのかな?

ニコニコ侍
ニコニコ侍

それはね、はっきり言うよ!忘れてるだけ!

困ったシェフ
困ったシェフ

なーんだ笑忘れてるだけか。よかった。。。。。
てか良くない!

理由1.お客様は、あなたのお店を忘れてしまったようです

人にとって、今日食べたお店のこと、1週間前の晩ご飯、3か月前の月曜日、、、
はっきりいって【覚えていません!】。

ましては、今の時代。新しいお店はたくさんオープンします。

食べログなどを使えば、いろいろなお店が紹介されていて、新しいお店に行くことがいそがしく、あなたのお店に行くどころではない!

理由2.覚えてはいるけどいく理由が無い

 常に、外食をしている人は別ですが、一般の日本人の人々は、特別な日や、何か理由が無いと外食はしません。普通は、お家でご飯をたべるものです。

お客様を再来店させるには?【方法】

1.思い出してもらう

 人は、日々いそがしく、自分のことで手一杯です。突然、意味なくあなたのお店を思い出すことはありません。

 大手企業は、思い出してもらうために必死に、巨大な費用をかけて【広告やCM】をばんばん、かけているのです。

 そこで、飲食店に有効なのはFacebookなどのSNSを使って、お客様にこちらからアプローチができるように事前に仕掛けをすることなのです。(ほぼ、無料でできます)

 【FacebookなどのSNSを使った集客方法】の記事はこちら

2.来店する理由を作らせる

 次回かならず来てもらえるような販促(チケット)などを配る。

ここは非常に大事なポイントなので少し深堀します。

その前に、おすすめする本の紹介。

【飲食店経営者必見】一生お客に困らない常連システムの作り方
よかったら参考にしてください。

いちげん客⇒リピート客⇒常連客 にする反則技的な【販促チケット戦略】【極秘】

ここで、実績100%の再来店チケット戦略をお話します。

【目的】
いちげん客(新規客)⇒リピート客⇒常連客にするための強力な戦略です。

【用意するもの】
3種類の内容の違うオファーも違うチケットを用意する。

【オファー内容の注意点】
オファーとは(提案)です。つまり再来店してくれたら○○あげますよ!などの提案のことです。ここで、非常に大事な話があります。

常連客にするまでは、儲けようと思うな!
です。

人間は、習慣の動物です。例えば、星の数ほどあるコンビニ。しかし、あなたがいく店は実はいつもおなじです。隣にあるコンビニにいくことはありません。  人間とは一度、二度、三度と通っているうちに習慣になり、そのあとは、何もしなくても習慣のように来てくれるようになるのです。

つまり、習慣化してもらうまでは、儲けはがまんしてください。
つまり、来てもらう事を前提とした、強力なオファーをつけてください。


客単価が1000円のお店でのオファー例
1回目渡すチケット 500円相当に値するもの
2回目渡すチケット 700円相当に値するもの
3回目渡すチケット 1000円相当に値するもの

値引きチケットはあまりおすすめしません。お客様が欲しい!価値あるもの!をオファーにするようにしてください。

お客様にとって魅力的なもの、オーナーとお客様の価値観は違うことを認識してください。お金持ちにとっては、割引よりも、お金では手に入らないもののほうが価値を感じるのです。
例)市内のスーパーなどでは売ってないような希少部位のお肉とか

かならずチケットには期限を設けること

人間はすぐに忘れてしまいます。忘れる動物なのです。

期限が無いチケット、期限が半年あるチケットなどだと、
「あ〜半年あるから急がなくていいや」と思い、、、そして忘れるのです

ニコニコ侍
ニコニコ侍

期限に関しては、チケット発行から1ヶ月以内をめどにしましょう。
そして、1枚目を使ってくれた人に2枚目を渡す(期限次の1ヶ月)。2枚目を使ってくれた人には3枚目と、3か月以内に3回来てくれたら、習慣になる可能性が非常に高くなりますよ!!

3回来てくれている間に、お客様を囲い込め!!

お客様がチケットで3回ご来店してくれている間に、次々と囲い込む戦略を打ちましょう!

お店の旬な食材の情報や、イベント情報などを直接伝えるために

【お客様の情報をいただく戦略を打つのです!!!!】

この件に関しては、別の記事で詳しく紹介してますのでそちらをご覧ください。

【この時代だからできる】お客様に直接伝えるために!顧客データを取れ

しめくくり

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

飲食店は、オープンしたら、皆さん「一見(いちげん)さん」なのです。

その一見さん⇒リピート客⇒常連客に育てることが、飲食店においてもっとも
大事な戦略なのです。


最近は、SNSを使って、リピーター、常連客を囲い込むことが非常に簡単になっています。とりあえず、やれることは全てやる!挑戦する!ことが大事です。

【無料】Facebookを使って集客する方法【飲食店】

もしよかったら、具体的なSNSであるフェイスブックを使った集客の記事も書いてますので参考にしてください。

なお、参考文献にさせていただいた、
本はこちら!

【飲食店経営者必見】
「一生お客に困らない常連システムの作り方」

以上です!おしまい


コメント

タイトルとURLをコピーしました