福津観光名所、宮地嶽神社はおすすめ

8.観光

福津市にある宮地嶽神社はみどころ満載!

福津市というは、北九州市小倉と福岡市のちょうど真ん中あたりに位置する場所にある
現在、人気爆発中のエリアです。

その中でも、ひときわ人気のある宮地嶽神社にスポットを当ててみます。

注連縄は、日本一!

宮地嶽神社の注連縄はまじですごい!
直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンのしめ縄をはじめて
見たら 腰を抜かすこと間違いなし。桁違いのド迫力です。

やっぱ!嵐だよね 光の道

「光の道」で有名なのも宮地獄神社。

「光の道」ってなんなの?っていう人のために軽く説明しますね。

「光の道」とは、1年のうちにたったの2回2月と10月の短い時間帯におきる現象です。神社と海を一直線につなぐ参道の先端に、太陽が沈み、参道をオレンジ色に夕陽がてらします。

はっきりいってこれを見れるのは「奇跡」です。朝から昼にかけて、空に一切の雲の無い晴天でも、太陽の沈む水平線まで雲が無いとは限りません。
(地平線先の雲に太陽が隠れるときは、現地では悲鳴が起こりますw)

地元に住んで数年のひとでも、まだ見たことのない人多数!といわれる奇跡の現象。

ちなみに、その季節になると、朝からずっと 待っている人がいるくらい人気なので、一度は挑戦してみてもいいかもですよ?wきっと奇跡がおきるかもね

日本一はまだある!450kgの大鈴と大太鼓

お腹いっぱい
になるにはまだ早い!

宮地嶽神社には3つの自慢の日本一があります。

ひとつめが、最初にご紹介した大注連縄。

もうひとつが、直径2.2名にもなる大太鼓。

さらにもう一つが450kgの重さを誇る銅製の大鈴。

大鈴は昭和35年までは大注連縄と共に拝殿に飾られてたのですが、

その重さのため、現在では鈴堂を建立し、大太鼓とともに奉安されています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました