ブッフェ【バイキング】ってぶっちゃけどうよ?【まとめ】

1.飲食店

最近、ランチなどで、ブッフェを取り入れているお店が人気です。
     
特に、景気が悪くなると、流行ると言われているこのスタイル。
   
実際に、行ってみると、昔のイメージと違います。

昔のビュッフェイメージ

・とにかく料理がまずい(スーパーの惣菜クラス)
・冷めていて、カピカピになっている
・人が取ったあとで、見た目がぐちゃぐちゃ
・テーブル、椅子周りが汚い(クリンネスが出来てない)
・ランチやディナー時間以外は料理がほとんど無い

まあ、お金を出してまで、食事に行く!のに料理自体がまずいのはぶっちゃけどうにもなりませんね笑
  
しかし、最近では、目の前の鉄板でコックが肉を焼いたり、ライブ感のある演出をしているところや、パスタはそれぞれ出来立てを作るところなど、さまざまな進化をとげています。
   

この記事では、ブッフェスタイルの歴史やメリットや、デメリットを紹介していきます。

*最後に、私が考える最強ブッフェレストラン?を提案いたします。


ビュッフェ【バイキング】の歴史

日本でブッフェ【バイキング】を始めたのは、帝国ホテルです。元社長である「犬丸一朗」氏が海外の北欧料理「スモーガスボード」を気に入り、日本に持ち込んだのがきっかけと言われています。
    

なぜ?おばあちゃんは【バイキング】っていうの?

その帝国ホテルのブッフェの名前が【インペリアル・バイキング】と命名されたからです。当時の映画「バイキング」主演カーク・ダグラスの影響もありました。
   
そのお店が当時、画期的で大繁盛。
   
「インペリアル・バイキング」=食べ放題=【バイキング】
   
という印象になっている訳ですね。

ブッフェ【バイキング】のメリット(イイところ)

1.好きな種類、量を自由に食べれる

 自分の好きなものだけ、好きな量食べることができるのが最大のメリットではないでしょうか。質より量。特にお子様づれの家族には非常に恩恵があります。



2.料金が定額である

 最近では、選べる商品に差をつけて料金が違うお店もありますが、基本は一定の料金で食べ放題なのがうれしいですね。女子会や、子ども会の集まりなど、料金が固定されていると安心感もあり、誘いやすくなるもの特徴です。


   

ブッフェ【バイキング】のデメリット(悪いところ)

1.商品力が低い

最近では、あまり見かけませんが、冷凍食品をあたためただけとか。冷凍物を揚げただけ。みたいな、家で食べるのと変わらない商品力。ひどい焼肉ブッフェなどでは、明らかに色が黒い。いつまでここに置いておくのだ!ぐらいの商品が並んでいたりします。


 

2.一緒に食事に来たのにゆっくりできない。

私が最近感じているデメリットで一番はこれですね。家族で食事に行っても。皆、一斉に自分の好きなものを取りに行く。戻ったら、誰もいない。食べたらまた次を取りに行く。  
外で、家族みなで和気あいあいと食事という時間を楽しみに来たのに、、、  食事が終わるまで、すれ違いの時間、、、
これはかなり寂しいです。


 
   
3.ついつい食べ過ぎてしまう。

 やはり人間。食べ物を見るとついつい食べ過ぎてしまいます。 「いつもは、腹八分でやめているのに、ブッフェに行くと、ついつい勿体無くて、元をとらなきゃって張り切ってしまいます」  
そして、家に帰り、体重計にのってため息をつく、、、「は~っと」



4.意外と高い?

焼肉の食べ放題などでは、特に感じます。ひとり大人3500円子ども2500円 家族4人だと、肉だけで12000円です。お父さんがビールを少し飲んだだけで、15000円とか行ってしまいます。食べ放題なのはいいが、一回の食事で1万5千とか。意外と高いと思いませんか?

5.高級感が無い。品が無い。

走り回る子供たち、、、それを放置する母親、、、
皆、席を立って歩くので、もう運動会でテントを張って食べているイメージ。
それ求める?という意見もありますが、外食というものは、店の内装や、雰囲気も商品のうちではないでしょうか、、、

6.料理の盛り付け、皿のまわりがぐちゃぐちゃ(不潔感)

大皿でどかっと盛り付けてある商品を、スプーンなどですくってとる商品。皿のまわりにこぼしたり、すき放題な場所からとって、もう皿の中は嘔吐物か!と呼べる状態になっている、、、、
とりわけトングや、スプーンについた、食材がそのまま放置されている。
アイスクリームマシンのまわり、、、、アイスだらけでいったいなんなのか!
食べる気も失せるのは私だけでしょうか?それとも店の戦術?w

7、時間制限がある

皆がいそいで食べる理由がこれ!
90分とか120分とか実際は食べ続けることはできないのですが、それでも人間心理として、焦ってしまう。
焦って、欲張って、すぐお腹いっぱい、、、、
本末転倒です。

あると嬉しい?最強のブッフェレストラン妄想、要望(洋食)

ニコニコ侍
ニコニコ侍

あったら嬉しいブッフェレストランを作ってみたいと思いま〜す!

1.サラダバー
 まあ、これは定番といえば定番です。新鮮な野菜たちが盛りだくさん。ドレッシングも豊富なほうが嬉しいですね。

2.冷たい前菜 6品程度
 前菜などは、1ポーションを小さくして、取りやすく。小皿や、ココットなどのさらに盛り付けて欲しい!(汚く見えないため。)

*スタッフがひとり張り付いて、まわりが汚れないように、汚れていたらきちんとすぐ掃除したり、トングを交換したりしてほしい。
  
3.暖かい前菜 6品程度
 ウォーマーできちんと温まっている前菜も欲しいです。
肉、魚、野菜などバランスのとれたものにして欲しい。
  
4.鉄板料理
 コックがひとり鉄板の前に常駐し、豚や牛のステーキ、ハンバーグなどを鉄板で焼きたてを出して欲しい。
 たまに、イカやホタテなどの高級食材も焼いて出して欲しい。

5.ピザ
 ピザは窯で焼いた本格的なピザをだす。常備3種類ぐらいを、なくなるとすぐ焼いてくれて、あつあつを提供できると嬉しい。
   
6.パエリアなどの米
 大きなフライパンで美味しいパエリアがあると嬉しい。
   
7.米とカレー
 普通のカレーではなく、本格的なグリーンカレーなどが嬉しい。
  
8.パスタ
 大皿で提供するパスタはどうしても、のびて美味しくないものばかりです。ここは各テーブルで注文して、個別で作って欲しい。
  
9.揚げ物
 子供が喜ぶ、唐揚げや、天ぷらを店内できちんと調理して、揚げて出して欲しい。
  
10.デザート
 種類豊富で、ポーションを小さくして、小皿に乗せて提供して欲しい。お腹が膨れた状態なはずなので、濃い味でバシっと決める感じが嬉しい。
   
11.ソフトクリーム、アイスクリーム
 あると嬉しいが、いつもこういう場所は子供が好き勝手にやっていて、清潔感がまるでないので、それを改善するため、スタッフをひとり常駐させて清潔を保って欲しい。
   
12.ドリンクバー
 ジュースの機械でいれると、安っぽく感じるので、ディスペンサーでおしゃれにしてほしい。コーヒーは最後の締めなので、安っぽくしないでほしい。
   

最後に

いや〜、最後はどっちかというと願望というより、不満もまじえてぶちまけてしまいました。笑
   
 しかし、お客様のニーズを追求してこそ、将来の有望なレストランになれるのではいか?と思っております。
 
これを見た飲食店の方々。
  
ぜひ、よろしくお願いします。
  
おしまい
   

コメント

タイトルとURLをコピーしました